自律神経と脇汗の関係

もしあなたが今、脇の多汗症に悩んでいるとしたらそれは自律神経の乱れが原因となっているかもしれません。

自律神経の乱れが多汗症をもたらすことも

人間の体には体性神経と自律神経という二つの神経があります。
前者が自分の意思によって働く神経、後者が自分の意思とは無関係に働く神経です。
・心臓や内臓を動かす
・血圧や体温調節
・血管や汗腺の調節など
は全て自律神経によってコントロールされています。

そのため自律神経が乱れると動機や息切れ、立ちくらみ、のぼせ、多汗症など・・・全身に様々な不調が生じることがあります。
脇の多汗症も自律神経の乱れが原因となっている可能性があります。
暑い場所に行ったり、激しい運動をしたわけでもないのに脇に大量の汗をかいてしまう場合はその可能性が高いです。

自律神経のバランスが崩れて体のあちこちに不調が出る症状は医学では自律神経失調症と呼ばれ、すぐ改善するようなものではなくゆっくり時間をかけて、あるいは一生向き合っていかなければならない病気とされています。

自律神経が乱れる原因

自律神経が乱れる原因は様々あります。

精神的、身体的なストレス

人間関係や仕事でのプレッシャーなどの不安による精神的ストレス、
または長時間労働や怪我なども身体的なストレスとして自律神経を乱れさせます。

不規則な生活

人間の体は一定のリズムにしたがって働いているので、
長時間の残業などで昼夜逆転の生活をしていたり、
不規則・乱れた食生活をしていたりすると生活リズムが狂って自律神経が乱れる原因となります。
理想的には1日3食を決まった時間にとって、決まった時間に就寝・起床するのが良いようです。

自律神経の乱れを改善する方法

乱れた自律神経を改善するには、
精神的、身体的なストレスを減らすことが重要です。

とはいっても仕事をやめるわけにもいかなければ、
残業体質は企業に原因があることが多いので簡単には改善しようがないかもしれません。

自律神経の乱れを改善するために、
例えば、

心身をリラックスさせる方法をみつける

→ 大好きな音楽をゆっくりきく時間を作ったり、アロマセラピーを生活に取り入れてみたり、ぬるめのお湯にゆったりとつかる時間を作るなどして過敏になっている神経を休ませてあげましょう。

適度な運動をする

→ 運動には自律神経の働きを回復させる効果があります。
運動で汗をかくと体温を調節する自律神経の働きが高まり、運動で体が疲れれば自然とご飯も美味しく食べられ、寝つきも良くなります。
自律神経を回復させる運動は有酸素運動です。
ウォーキング、ジョギング、水泳、サイクリング・・・。

たか

私はフットサルやテニスを始めたことで汗に対する意識が変わり、脇に汗をかくことをそれほど気にしなくなり、脇汗の量もずいぶんと減りました。

カルシウムをとる

→ カルシウムには神経の興奮を鎮めて精神的なイライラを抑える効果があります。
カルシウムは、牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品、めざしや干しえび、わかさぎなどの小魚、小松菜、ほうれん草、チンゲン菜などの野菜に多く含まれていますがなかなかこれらを定期的にとるのは難しく、例えばサプリメントを利用すると良いかもしれません。



小林製薬の栄養補助食品 カルシウムMg お徳用 約60日分 240粒

新品価格
¥560から
(2017/8/20 08:33時点)